公開履歴
患者を癒す医者

ジスロマックは、幅広い感染症に効果があるマクロライド系に属する抗生物質であり、ブドウ球菌、連鎖球菌、インフルエンザ菌、連鎖球菌などに適応するものとされています。
また、抗生物質といえば従来はペニシリン系に属するものが主体でしたが、こうしたペニシリン系の抗生物質では効果がなかったクラミジア、マイコプラズマのような細菌類にも適応しており、特にマイコプラズマ性肺炎などの呼吸器系統の病気の治療目的で多く用いられています。

ジスロマックの副作用は、他の医薬品と比べると、それほど多くはないものとされていますが、高濃度では殺菌的にはたらくという性質から、服用したときに腸内の有用細菌にも影響が及んでしまうことがあります。
そのため、下痢や腹痛といった、消化器系統の副作用が起きる可能性があります。

また、抗生物質をあまりに用いすぎてしまうと、細菌が耐性を獲得して、次回以降は服用してもなかなか効かなくなってしまうという現象も指摘されているため、用法・用量を正しく守って服用することが重要とされています。

さらに、体質によっては医薬品に対するアレルギーのような反応を示す人がいるため、ジスロマックの副作用としては、発疹、皮膚の赤み、かゆみといったものもみられる場合があります。

こうした皮膚症状のなかでも、発疹や赤み、皮膚がめくれるなどの症状が短期間にあらわれ、しかも程度がかなり重いものであるときには、アナフィラキシーのような、重大な副作用である可能性もあります。
この場合は、ただちに医師の診察を受けて、適切な処置をしてもらう必要があります。

そのほか、あまり頻繁に起きる副作用ではありませんが、不整脈、血液障害、肝臓障害なども指摘されていますので、もし心臓病や肝臓病を持病として抱えている場合は、医師の指導のもとで慎重に服用するようにします。
病院での処方の他、通販でジスロマックを購入する方法もあるため、忙しくて病院に行く暇がない方はこういった手段もあるということを覚えておくと良いでしょう。